ワキガ治療の方法について

TOP > ワキガ治療の方法について

ワキガ治療の方法について

ワキガ治療は一般的には対症療法としてデオドラント商品が使われることが多くなっていて、軽度の場合には十分に臭いを抑えることができるので、気になる季節になったら使用を始めるという人が多くなっているのですが、ワキガの根本的な治療をする場合には手術を必要とするので20万円程度の医療費がかかります。

美容外科等の場合は基本的には自由診療となっているので、健康保険の適用外の手法で治療が行われます。

多汗症対策の情報はこちらのサイトです。

ワキガは汗腺の数が多いことが原因なので、この部分の皮膚を麻痺させることで汗が出ないようにして臭いを抑える方法もありますが、この場合には数カ月おきに注射をしなければならないので、高いコストがかかる可能性もあります。



また脇の下などの臭いの気になる部分の毛を脱毛することによって、細菌の繁殖を抑えることができるので、ワキガによる独特の臭気を軽減することができるのですが、衣服に汗が付いてしまうとその部分で細菌が繁殖するので、わき汗パットなどを用いて細菌の繁殖を抑えることが大切です。
ワキガは現在の社会の中では深刻な問題として受け止められているのですが、実際は人間に備わっている本能的な機能なので無臭にする必要性はあまりないとされていますが、周りの人の迷惑などを考えるとデオドラントスプレーなどによる防臭が必要になることもあります。重症の場合には非常に強い臭気を出してしまうのですが、手術によって汗腺を除去するだけで症状を抑えることができます。



Copyright (C) 2016 ワキガの治療法のすべて All Rights Reserved.